配信日時 2020/03/17 08:00

真善美人通信/感知が最初

〇〇 様
 
入れて、ためて、出す。
何ごとも、この順番ですね。
身体機能だけでなく、
学びもビジネスも一緒です。

ただ、ことが抽象的なことになると
『入れる』部分がよくわからなく
なりがちです。

今回は、そんなお話。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 感知が最初 ◆◆◆
 
ものごとを善い形で感知でき、
明るい方向に決断でき、
実際の行動に移せるならば、

何ごとも必ずうまくいきます。

むしろ『いかない方がおかしい』
とさえ、言えるでしょう。


活動が滞るのは
ものごとを悪い形で感知しているか
暗い方向に決めているか
実際の行動に移していないか
のどれかです。

もちろん、それらが
複合的に発生している場合も
ありますよね。


いずれにせよ、難しいのは
『善い形で感知しているか』
『悪い形で感知しているか』
の判断です。


明るいか暗いか、
行動に移しているかいないかは
顕著ですが、
受け止め方は
本人にしかわかりませんから。


何より、
受け止め方を意識すること自体が稀です。

感情が動くと、
自分を俯瞰して見られなくなります。

怒っている時に、なかなか
『あっ、今、自分は怒ってるな』
とは思えませんよね。



ただし、
あらためて意識すると
それができるようになりますし、
得られるものも大きいです。


活動の順番は、必ず
入れる → ためる → 出す。

つまり、
感知 → 決断 → 行動です。


最初のボタンを掛け違えると、
当然、その後の流れも
ちぐはぐになりますよね。


あり方で
『感謝をしましょう』
と、よく言われるのは
入れる部分に着目しているからです。

何があっても、
謙虚にありたいものですね。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================