配信日時 2020/03/12 08:00

真善美人通信/9年目の思い

〇〇 様
 
昨日は、東関東大震災から9年目の3月11日でした。
その節目を迎えて、あらためてこのメルマガに
思いを込めていきたいと考えています。

3.11は、日本人の多くにとって特別ですが、
わたしにとってもやはり重要な節目です。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 9年目の思い ◆◆◆
 
わたしにとって
人生の中で立ち会ったもっとも大きな出来事は
東関東大震災でした。

自分や身内に被害はありませんでしたが、
同時に大きな揺れを経験したことで
亡くなった方々や被害にあわれた方々との間に
目に見えぬ『ご縁』ができたと感じています。


いまだに当日のことはハッキリと思い出せますし
一生忘れることはないでしょう。

〇〇さんにとってはいかがですか?

それぞれの方が、それぞれの記憶を
大切にかかえていらっしゃることと思います。


一定額の募金をしたり
ボランティアに参加したのは
恥ずかしながら東関東大震災が初めてでした。

それまでは『いつかは』と思っていたのです。


いつかは、
恵まれない子供たちのために募金しよう。

いつかは、
何かのボランティアに参加しよう。


そう思うだけで、その『いつか』を
引き寄せることはなかったのです。


ですから、その到来は『突然』でした。


大震災自体が突然だったように、
わたしの行動の変化も突然だったのです。


その意味では、

表現の仕方がすこぶる難しいことを承知で
敢えて言えば、

東関東大震災は、わたし自身を変える
大きなきっかけになってくれたのです。


そのことへの感謝の念のようなものが
心の深いところにあります。


そうしたことをあまり言ったり書いたり
することもありませんでしたが、

表現の口火を切ってくれたのも
また、3.11の9年目だったわけです。



あらためて、
亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りするとともに、

この国をより善くしたいと誓います。



-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================