配信日時 2020/03/05 08:00

真善美人通信/価値をつくる

〇〇 様
 
商品の『価値』について、
解説をしてみました。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 価値をつくる ◆◆◆
 
価値には大きく2種類があります。

一般的な価値と個人的な価値です。

誰にとっても価値のあるモノもあれば、
その人にしか価値のないモノもあります。

個人的な価値は、多くの場合、
記憶に関係していますね。

「大事な人にもらったものだから大切にしたい」
「親のことを思い出させてくれるものである」
といった感じ。

そこには、
商品価値や機能価値以上のものがあります。


一方、一般的な商品のブランドは
そうした個人的なものではなく
「誰にとっても価値のあるモノ」だからこそ
選んで購入されるとも言えますが、

それによって個人的な記憶のよすがとなる
場合もあります。

つまり、選んでもらうことによって
個人的な価値を身にまとうわけですね。


そう考えると、
両者は対立するものではなく、
言わば重層構造のようなものと言えます。

コアになる商品価値があるからこそ、
個人的な価値にもつながっていく。

そのようなあり方を目指したいものです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================