配信日時 2020/03/01 08:00

真善美人通信/宣言の効用

〇〇 様
 
『宣言する』という行為を
美術史の例で解説してみました。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 宣言の効用 ◆◆◆
 
『宣言』という言葉を聞くと
ある世代の人に思い浮かぶのは
さだまさしさんの『関白宣言』だと思います。

わたしもその世代です(笑)

そう言えば、そのパロディで
『にゃんぱく宣言』というポスターを
見かけますね。

これ、
さだまさしさんご本人にお願いされたもので
猫の適正飼育を求める公共広告です。


ところで、美術を勉強した人間にすると
『宣言』と聞くと
『未来派宣言』が思い浮かびます。

未来派というのは20世紀初頭に
イタリアで起こった芸術運動です。

で、この運動が初めて自分たちで
自分たちのことを何者であるか
『宣言』したんですね。


それまでのムーブメントにつけられた名前は
すべて他の人がつけた名前でした。

印象派しかり、野獣派しかり、
さかのぼってバロックやロココも。

それに対し、未来派のアーティストたちは
『自分たちは未来派だ』と名乗ったわけです。


自分で名乗るというのは
自分のセルフイメージを書き換えますね。

実際、未来派の人たちにしても、
宣言したはいいけど、
当初は全然『未来派』的じゃありませんでした。

革新的であることをうたいながら
けっこうどこにでもある凡庸な作品ばかり
だったそうです。

焦った未来派の人たちは
あわててパリに行き、ピカソのキュビスムを
ならって帰ってきます。


今まで、その話は美術史としてしか
捉えていませんでしたが、
『アファメーション=自分が何者であるかを
 自分に言い聞かせる技術』
の文脈で考えるとおもしろいですね。


宣言には勇気がいりますが、
その一歩がすべての始まりです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================