配信日時 2020/02/22 12:00

真善美人通信/自分を見るには鏡が必要

〇〇 様
 
自分を知るには、
自分とばかり向き合わない方がいい
ということを解説してみました。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 自分を見るには鏡が必要 ◆◆◆
 
とかく人の本心というのはわからないものです。
他者の気持ちですが、やっかいなことに
自分自身の気持ちも果たして本心かどうか……。
いろいろな錯覚や思い込みがあるものですよね。


むしろ、『自分のことは自分が一番わからない』
なんて指摘もあったりします。

それでも、わたしは
やはり自分のことは自分が一番理解できる
と思うのです。

というのは、なにしろ
四六時中一緒にいますから。

関わっている時間が圧倒的に違います。


いくら親子でも、あるいは夫婦や恋人でも
自分自身ほどには一緒にいません。

『だからこそ、わからない』ということも
あるでしょう。
灯台もと暗しとも言いますしね。


しかし、
記憶はどこまで行っても当人のものです。


であるならば、やはり
『わかってあげる』努力をしたいですよね。

一番わかってくれるはずの人が
わかってくれなかったら、
それはさびしい話です。

あなたの本心は一体どこにあるでしょうか?


ただし、自分とばかり向き合っていても
『本心』はわかってきません。

鏡がなければ自分の顔はわからないように
自分の本心も他者という鏡に映して
初めて理解ができるのです。


『自分を知りたかったら人に会う』
という逆説です。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================