配信日時 2020/02/20 08:00

真善美人通信/竹のようにまっすぐに

〇〇 様
 
自分もそうでしたが、ねじれる/ひねくれると
うまくいきませんね。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 竹のようにまっすぐに ◆◆◆
 
善い行いと悪い行いがあったら
善い行いをした方が『善い』ですよね。

こういうのを『道後反復』と言いますが、
AなんだからA、と言っているわけです。

ちょっとふざけている感じもします(笑)


しかし、現実世界では往々にして
悪い行いをした方が『善い』と
思ってしまうからやっかいなんですよね。

悪いとわかっていてもやってしまう。
悪いと思っていないからやってしまう。
悪い方が善いと思っている。


スタンスはいろいろですが、
ともかく、ねじってしまっているわけです。
『ひねくれている』と言っても
いいかもしれませんね。

善いへのつなぎ方が素直じゃないんですね。


理由としては
『社会はそんなに甘くない』
『理想なんて、絵にかいた餅だ』
という指摘をよく聞きます。

悪いことをしなければ勝てない
というのが論拠です。


でも、そんな風にして勝っても
実はあんまり嬉しくないんですよね。

それは、
当の本人が一番わかっているものです。


フェアプレイの精神というのは
他でもなく、自分自身に一番作用します。

『こんな風にしないと勝てない』
という、セルフイメージの引き下げを
潜在意識は感知するからです。

逆に、正々堂々と善いことをすれば
セルフイメージは上がります。


竹がまっすぐに伸びていく感じです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================