配信日時 2020/02/17 08:00

真善美人通信/化粧に学んだ挑戦姿勢

〇〇 様
 
男性にとって女性は、女性にとって男性は
わからないことの多い対象です。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 化粧に学んだ挑戦姿勢 ◆◆◆

昨晩、夫婦で
化粧についての話になりました。

妻曰く、化粧をするのは、
『自分を綺麗にしてあげたい』
という心情が軸になっていて、
他の誰かのためではない、と。

もちろん、そのあたりの感覚は
個人差もあるでしょうが、
男性の認識としては
『見せるためにしている』で
ほぼそろっていると思います。

しかし、妻が言うには
『化粧をする一番の理由は
 楽しいから』
だそうです。


化粧に限らず、
女の人は無条件に自分を好きであり
男の人は条件付きで自分を好きになる
傾向があります。

他のことでも、とかく男性は
『結果』を求めがちです。

そして、
結果を出せる自分は好きになれますが、
結果が出せない自分は嫌いだったりします。

それは、
往々にして辛い責めにもなりますね。

社会が成果を求めるストレスも
大きくなっているので
『ダメな自分も認めてあげましょう』
『ダメな自分も愛してあげましょう』
といったことが
言われるようになりました。


挑戦し、結果を求めつつも
ダメだった時に、
大らかに結果を受け止められたら
人生が楽しくなりますよね。

敢えて、男女の対比で書きましたが、
そのスタンスは共通の理想と言えます。

結果を求めつつ、結果で自分で責めない。
その心情を身につけられれば、
挑戦への一歩が踏み出しやすくなりますね。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================