配信日時 2020/02/11 07:00

真善美人通信/香りとしての言葉

〇〇 様
 
善い言葉と悪い言葉の持つ特徴を
香りのイメージで語ってみました。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 香りとしての言葉 ◆◆◆
 
昔は煙草を吸っていました。
3年間くらいですが、
一日に1箱ちょっとくらい。
お酒を飲むともっと吸っていました。

で、お酒も煙草もやめるつもりは
なかったのですが、
あることがきっかけでピタッと辞めました。

それは、
ニューヨークに旅行に行った時のこと。

ホテルのロビーで煙草を吸い始めたら
となりにいた初老の女性が
静かに席を立って、
別の場所に座ったんですね。

それがなんだかえらくショックで……。


声高に注意されると
人間、むきになるものです。

いくら正しいとわかっていても
なかなか聞き入れることができません。

逆に、どんな小さなことでも
自分が気づくと『決意』が生まれます。

『あぁ〜っ。煙草って吸わない方がいいな』
と思って、以来、まったく吸っていません。


同じようなことは
言葉にも当てはまります。

けむたい言葉。
つまり、焦げるような匂いのする言葉を
吐く人のまわりからは
人がそっと席を立ってしまいます。

逆に、善い香りのする言葉
つまり、うっとりするような
気持ちが爽やかになる言葉を放てば
人は興味を持ってくれます。


言葉は香りにも似ていますね。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================