配信日時 2020/02/07 08:00

真善美人通信/責めない求め方

〇〇 様
 
『責める』という感覚について
考えてみました。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 責めない求め方 ◆◆◆
 
『責める』という言葉について
考えることが多くなっていました。

誰かを責めたり、
責めたかったりしているわけではなく
責めるという感情がどこから来るんだろう
と、疑問に思ったのです。


そうした疑問が浮かんだ時の常套手段は
漢字の語源を調べてみることです。

すると、『責』という漢字の要素は
『貸したお金を返せ』と求めることだと
わかりました。

上部の部首はトゲのある木を表し、
下部の貝はお金を示しています。

借りたお金を返すのは当然のことなので
そこから『責任』という言葉も
生まれたようです。

いずれにしても、
ちょっと険しい感じがしますね。


責任感というのは、
とても大切な感覚です。

その尊さを軽んじる気持ちは
毛頭ありませんが、
どうも日本人には『責める』気持ちが
大き過ぎるように思われるのです。

あまりにも真面目過ぎるというか。


しかし、責められと人は萎縮して、
本来の力を出せなくなります。

本当に貸したお金を返してほしければ
ただただ『責める』のではなく、
返せるように力を貸してあげた方が
善いですよね。

自己啓発や成功哲学、
あるいは新しいマネージメント手法が
示しているのは、
そうした『責めないもとめ方』だと
考えるに至りました。

お互いに優しい世界が
やっぱり善いですね。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================