配信日時 2020/02/06 08:00

真善美人通信/感受性の地層

〇〇 様
 
目に見える態度の下には
感受性の歴史が地層になっているものです。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 感受性の地層 ◆◆◆
 
ものごとを明るく捉えるか
暗く捉えるかはその人次第ですが、
往々にして両者はあいいれません。

ものごとを明るく捉える人から見れば
暗く捉える人は冴えない感じですし、

暗く捉える人から明るい人は
なんだかお気楽に見えてしまいがちです。


ただし、
人生のどこかで転換した人たちには
少し違ったスタンスが見られます。


以前は暗かったけれど、
努力して明るくなった人には
暗く捉える人の心情が理解できます。

逆に、ずっと苦労なく生きてきた人が
人生の厳しさに出会って
深刻さをまとうことだってあります。

明るい・暗いって
実は重層的なんですよね。


そう考えると、
あの人のあんな振る舞いや
この人のそんな態度にも
感受性の地層があるかもしれません。


目に見える部分の現象を
『表面的』と呼んだりしますが、
その下に喜怒哀楽があると思えば
まなざしを優しくできますね。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================