配信日時 2020/02/02 10:00

真善美人通信/言葉の多様性

〇〇 様
 
入れる言葉と出す言葉。
学ぶ言葉と実践の言葉。
いろんな種類がありますね。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 言葉の多様性 ◆◆◆
 
わたしの心は50歳くらいまで
学術的な世界にありました。

もちろん働いてもいましたが、
気持ちは『勉強』するところに
あったんですね。

学術論文というのは丁寧に文献にあたり、
ある考え方が誰から出てきたのかを
はっきりと明示します。

それは、文化のバトンリレーであり、
先人への敬意とも言えます。

一方、ビジネスの実践世界では
言葉は『自分のものである』ことが
善しとされます。

たとえ誰かの言葉であっても、
それを一旦自分の身体の中に入れ
『自分の言葉』として語ることが
求められます。

求められるというか、
そうでなければ『力』になりません。

人を動かす力、自分を律する力。

どういう効果であっても、
借り物では力になっていかないのです。

ここ数年、そのことで悩んでいました。

どちらが善い/正しいという話では
ありません。

要するに、
求められるシチュエーションで
言葉に求められる役割や性質が変化する
ということですね。

今は、その多様性を楽しめてきました。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇 さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================