配信日時 2020/01/25 10:30

真善美人通信/セレンディピティー実体験

〇〇 様
 
朝、ちょっとした偶然があって
気持ちが善くなっています。
そして、そこからの学びです。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ セレンディピティー実体験 ◆◆◆
 
毎日更新しているブログの中で
『セレンディピティー』という言葉を
使いました。

セレンディピティーというのは、
素敵な偶然や予想外に起きる発見のことです。

好きな言葉なんですが、
ほとんど使ったことはなく、
文字で打ったのは初めてかもしれません。

一方、昨日から長岡の実家に行っている妻に
『こんなところから封書が来てたよ』
と知らせようと思い、差出人を見たら
『Serendi Pity』。

おぉっ。
それじゃないか、セレンディピティー!
ちょっと驚きでした。

冷静に言えば、世の中に偶然なんてものはなく
そう思えるのは人間の感知と認識力に
限界があるからです。

つまり、因果関係がわからないものを
『偶然』と呼ぶわけですね。

たとえば、Serendi Pityという単語を
どこかで目にしている可能性は
たくさんあります。

しかし、自分の意識がそこに向いていなければ
何の反応もなく、スルーしてしまいます。

わたしがその言葉に反応したのは、
たまたま直前に『セレンディピティー』と
入力したためだったとも考えられるわけです。

一見、偶然に見えるようなことでも、
すべては『なるようになる』ものです。

そうであるならば、
なるべく善いことを考えていたいですね。

その方が善きことに出会える可能性は
上がるわけですから。



セレンディピティーという言葉を使ったのは
プルシャンブルーというインクの発見について
記したからです。
その記事はこちら。
https://ameblo.jp/sugiokakazuki/entry-12569345362.html

あわせて、お読みいただければ幸いです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇 さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================