配信日時 2020/01/14 09:00

真善美人通信 /錬金術の秘密

〇〇 様
 
印象派に続いて
ピカソのキュビスムについて考えを
めぐらしました。
出てきたイメージは『錬金術』です。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 錬金術の秘密 ◆◆◆
 
錬金術のポイントは
『相反するものの合成』です。

そのため、太陽と月を象徴に使ったり
『結婚』にたとえられたりします。

たとえば、才能もそうかもしれませんね。

優れた作品をつくれる芸術家も
その作品をうまく売れる商人も
世の中にはたくさんいますが、
その両方が一人でできる人は稀です。

つまり、相反するものが結びついて
初めて『金』になるわけですね。


ピカソは美術史上もっとも高いレベルで
その両方の才を備えた人でした。

ズバ抜けて絵がうまく、
商売人としての勘も優れていました。

たとえば、ピカソはよく
小切手で買い物をしたそうです。

小切手には当然サインが描いてあるので
受け取った人はいろんなことを考えて
換金をしないんですね。

つまり、ネームバリューを利用して
ただで買い物をしたわけです。


自分の作品について
制作意図やストーリーを
画商に熱心に語ったそうですから
言葉の人でもあったのでしょう。

そこに『錬金術』の秘密があります。

優れた作品をつくるだけでは
なかなかお金になっていきません。

買ってくれる人にわかる
『言葉』が加えられて初めて
作品はお金になるのです。

そういう意味では
錬金術のポイントは『言葉』だと
言えますね。

『言葉』をきたえましょう。



ピカソのキュビスムに関しては、
こちらにアカデミックな考察を載せています。
https://ameblo.jp/sugiokakazuki/entry-12566909294.html

あわせて、お読みいただければ幸いです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇 さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================