配信日時 2020/01/13 08:00

真善美人通信/印象派のカッコよさ

〇〇 様
 
昭和の時代は『悩んで見える』方が
カッコいいとされていました。
自分の中にもそれが『あった』ことを
時々思い返します。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 印象派のカッコよさ ◆◆◆
 
昔は印象派の絵が苦手でした。

なんだかフワフワとしていて
厳しさに欠けるというか……。

明るく、さわやかな色調が
『悩みのなさ』を表現しているようで、
落ち着きませんでした。


しかし、そもそも厳しくある必要も
悩む必要もありません。

むしろ、悩みがないなんて
素晴らしい状態ではないですか。

結局、その嗜好は自分の中にある
『ねじれ』に原因があったのだと
今では思えるようになりました。


さらに言えば、
『悩んでいないように見える』
からと言って、
本当に悩みがないとは限りません。

むしろ、
心の中に深い悩みをかかえつつ
それを周囲に撒き散らさない人は
尊敬にあたいします。

その意味では
『悩んでいるように見える』方が
本当はカッコ悪かったりしますよね。


印象派の画家たちは
生前に評価されなかった人も多く
必ずしも心中穏やかではなかったはず。

それでもなお、
楽しそうな絵を描いたことに
あらためて思いをはせました。


革命としての『印象派』に関しては、
こちらにアカデミックな考察を載せています。
https://ameblo.jp/sugiokakazuki/entry-12566631811.html

あわせて、お読みいただければ幸いです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇 さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================