配信日時 2020/01/08 08:00

真善美人通信/変えるんだったら180度

〇〇 様
 
新しい年が始まって、
何かを変えたいと思っている方へ。
『その時には、180度がいいですよ』
という話を書いてみました。
 
このメルマガは、日刊で配信しています。
不要な方は、こちらで解除してください。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aquDpwUs
 
-----------------------------
 
◆◆◆ 変えるんだったら180度 ◆◆◆
 
何かを変えるんだったら
思い切って180度が善いと言われます。

2度とか3度だと
違い自体がよくわからないし、
すぐに元に戻ってしまうからです。

暗いキャラクターだったら明るく
慎重だったら大胆に
大雑把だったら丁寧に
といった具合ですね。


そう考えると、ものの価値って
多義的なんだと気づけます。

ひとつの価値に固執すると、
反対のものが随分劣って感じられますが
一旦そちらに視点を移すと
逆側も『悪くない』と思えてきます。


ところで、人類の歴史の中で
もっとも大きな視点の反転が起きたのは
ルネサンスでした。

天動説から地動説へ。
動いているのは太陽だと思っていたら
なんと地球の方だった、と。

他にも、印刷技術や遠近法など
ルネサンスには飛び切りの『逆転技術』が
めじろ押しです。

たとえば遠近法では、
まず最初に消失点と呼ばれる
『一番遠い場所』を決めます。
普通は近いところから見ていく
接していくはずなのに、180度逆ですね。

最終的な目的地を最初に決めてから
一番近いところまでを分割していくのです。

遠近法の練習を『デッサン』と言いますが、
デッサンは実は『デザイン』と同じ語源で
その意味は『計画する』こと。
計画性の肝は『逆転思考』なんです。


ルネサンスの逆転に関しては、
こちらにもっとアカデミックな考察を
載せています。
https://ameblo.jp/sugiokakazuki/entry-12565416239.html

あわせて、お読みいただければ幸いです。


-----------------------------
 
 
本メールを最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
掲載した情報が
〇〇 さんにとって、
新しい挑戦のきっかけになれば幸いです。
 
 
==============================================
 
【発行者】杉岡一樹

・感動経営コンサルタント
・株式会社青い街 代表取締役
・M&T KONDO美術財団 評議委員
・一般社団法人 人を大切にする
 ビジネスゲーム推進協議会 理事長
 
-----------------------------
 
・ ビジネスを飛躍させるブログ:確信犯的スーパー勘違い
⇒ https://ameblo.jp/sugiokakazuki

・ 一般社団法人 人を大切にするビジネスゲーム推進協議会
⇒ https://www.jinpoubg.com
 
・ 職場から日本を幸せにする:杉岡感動経営研究所
⇒ http://www.sk-kenkyusho.com
 
・ 一生の宝ものになる和をつくる:BLUE CITY
⇒ https://www.bluecity.site
 
==============================================