配信日時 2020/06/17 08:00

学校再開/不安定な子どもへの対応事例 後半(NO.536)


〇〇〇〇さん

こんにちは。


(株)ハートマッスルトレーニングジム代表

主体的人生を構築する人材育成トレーナー

桑原規歌です。



今日のテーマは

「学校再開/不安定な子どもへの対応事例 後半」です。


昨日の生徒への対応事例(前編)には

たくさんの感想を頂きました。


「素晴らしい実践で、勉強になりました!」


「昨日はイライラしていましたが、

自分が他人軸になっていたことに気づき

目からうろこでした。」


「気持ちを聴くだけではなく、

こういうアプローチが大切なんですね」

などなど。


感想を頂いたみなさん、

ありがとうございます。


それでは、昨日の続きです。


-----------------------------------

さて、話はここで終わらず

3時間目も教科担任に言われたことばで

教室を飛び出しました。

教師に暴言を吐き

校外へ飛び出してしまいました。


その後、

自分でクールダウンして

保健室へやってきました。

本人は

「言われたことはわかっているけど、

せかすような言い方がいやだった」と言っていました。


自分がいやだった気持ちをどう伝えればいいか

一緒に考えたのですが、なかなか出てこず

「わかりましたって言う」という答えで

止まっていました。

今まで彼はこうして過ごしてきたのかなあ

と思うと胸が痛みました。


私から

「せかされるのはいやだからしないでほしい」

と伝えていいことを言いました。

すると、「えっいいんですか?」

とかなりびっくりしていました。

が、その反応に私はびっくり。

自分の気持ちは大事にしていい、

そのうえでどういう言葉で相手と話せばいいか

これからも考えていこう、

うまくいかなかったらまた作戦を練ろうと伝えて、

給食の準備に行かせました。


しかし、その後

「お母さんを呼ぶか呼ばないか」

でまたまたキレてしまったそうです。

お母さんに連絡して分かったのは、

お母さんと前夜にとっくみあいのけんかをしていたから、

「お母さん」の言葉に反応したのかもしれない

ということでした。


1日に何度も切れてしまうの子どもの過ごし方。

保健室としてどうしたらよかったのか

・・・次にどう話そうか、

実はわくわくしながら考えています。

保健室コーチングを学んだおかげです。 


-----------------------------------------


保健室は、教育の場。

だから、

感情を癒すことは

目的ではなく、

「問題を

成長のチャンスに変える」

ためのアプローチを。

ということを、

保健室コーチングでは

大切にしています。


ただ、一発でうまくいくわけでは

ありません。


出来事をどうとらえたから

その感情が生まれたのか


そのように捉えたのは

根底にどんな思考パターンや

思い込み、ビリーフがあるのか。


そこを見極める必要があります。


そうでなければ

『先生に暴言を吐くのはやめなさい』

『飛び出すのはよくない』

などの

結果としての感情や行動(現象)を

何とかしようという

アプローチに終始することになります。


火事で言えば

燃えている火を

消そうとしていても

火の原因となる火元を見逃している

ということになります。


ただ、

抽象的なことばを原因(火元)と特定して

思考停止する場合も

あります。

「愛着障害なのよ」

「自己肯定感が低いのよ」

「母子分離不安なのよ」

だとしたら、

その言動が

どうして、そうだと言い切れるのか

ちゃんと洞察し、

問題を個々への仮説を分析する必要があります。


そこに目を向けず

「愛着障害の子どもへのかかわり方」

「自己肯定感が低い子のためのワークシート」

などのノウハウばかりに向かってしまいがち。


どんなにワークシートが手に入っても

ノウハウやツールが手に入っても

人間というもののしくみを

しっかり理解していないと

根本的な「生きる力」の育成には

つながらないのではないでしょうか?


もっといえば

大人の側が、自己理解を避けている限り

子どもにどんな手法を使っても

変化を起こすことは

できないのです。


保健室コーチングベーシックコースでは

まさに、

自分を通して人間を理解する

画期的なワークが満載です。


これは、決してオンラインでは

学べません。

知識を得ることやスキルを得ることより

もっと大切なことが

あるからです。



それでは

今日も、希望を胸に

すてきな1日を作りましょう!



メルマガバックナンバー
https://1lejend.com/b/IRnMnAEvyo/


メルマガが届いたり届かなかったりする!
という方は、LINE@に登録していただくと
確実に届きます。
https://hoken-coa-joint.net/recommend/#line



先日お知らせした芝蘭友先生の著書いよいよ明日発売です。
https://amzn.to/30k3bJE


:::::::::::: お知らせ  ::::::::::::::::

【6月5日のライブ対談がyoutubeで視聴できます】
https://youtu.be/IZCmMhnyqps


※今後のリアル講座は
募集人数を減らし、感染予防対策をしたうえで開催します。

【7/11~保健室コーチングベーシックコース関西4期】
https://heart-muscle.com/post-19953/

【満席となりました! 7/23/24 保健室コーチング速習コース 沖縄】
https://heart-muscle.com/post-19969/


【アイシン波動関連講座名古屋会場 7月】
テーマ:「不調和を手放して、自分に正直に生きる」
※個人セッションは満席となりました。その他はまだ空きあり。
https://reserva.be/heartmuscle01


【無料オンライン講座】
生きづらさ妖怪攻略Book活用のヒント!
https://youtu.be/9BtJ2t9RPoA


【一般社団法人全国保健室コーチング連絡協議会有料会員限定ページ】
講演動画視聴・教材&資料ダウンロードができます。
6/10 保健だより「新しい生活様式」「マスク着用と熱中症」をUPしました。
https://hoken-coa-joint.net/category/member/


【ブログ人気記事】

<10万アクセス突破!学校再開に向けての取り組みを紹介!>
 4月分  https://blog.goo.ne.jp/hime1961/e/34dfd111958a26fead43d1ecbe337b13
 5月分  https://blog.goo.ne.jp/hime1961/e/d75c594e0d675274913a21ce0e6a4bf2


<新型コロナウィルス関連の参考になるサイトの紹介>
https://hoken-coa-joint.net/covit-yobou/


<学校再開に向けての大ミーティングの感想>
https://blog.goo.ne.jp/hime1961/e/2965919446f57aa0c5bfe0b424f2f437


<質問カードzomセッションの感想>
https://blog.goo.ne.jp/hime1961/c/c91014e81dfe0730e59e8ffa7b5fab2e


<ネットで学ぶ子どものためのレジリエンス講座>
https://blog.goo.ne.jp/hime1961/c/af198c38385eddda580cb72977c7833b



【教材・特別販売物】

●桑原朱美 インタビュー記事特別冊子
https://heart-muscle.com/post-19900/


●講演DVD:しなやかで折れない心を育てる「 ハートマッスルレジリエンスメソッド 」 
https://heart-muscle.com/dvd-resilience-method/


●講演DVD:人育ての極意/~なぜ、彼女のもとで人は育つのか~ 
https://heart-muscle.com/post-18052/


●生きづらさ妖怪攻略BOOKシリーズ

vol.4
https://heart-muscle.com/post-19778/

vol.3
https://heart-muscle.com/post-19549/

vol.2
https://heart-muscle.com/post-19041/

vol.1 
https://heart-muscle.com/post-18686/

年間一括予約
https://heart-muscle.com/post-18679/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
可能性をあきらめたくない女性のための「時間と思考の使い方」メルマガ  

発行:株式会社ハートマッスルトレーニングジム  

文責:桑原規歌  皆様の感想もお待ちしております!   
hime21@tcp-ip.or.jp

メルマガの解除はこちらから!   
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=IRnMnAEvyo


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・