配信日時 2019/04/22 08:00

のに・・を言いかえると、何が起きる?



〇〇〇〇 さん


こんにちは


(株)ハートマッスルトレーニングジム代表

主体的人生を構築する人材育成トレーナー 桑原規歌です。



今日のテーマは

「のに・・を言いかえると、何が起きる?」です。



相田みつをさんの有名な詩があります。


----------------------------------

「あんなにしてやったのに

『のに』がつくと、

愚痴が出る

---------------------------------


無意識に言ってしまうこと

ありませんか?


「挨拶してあげたのに、

挨拶返してくれない」


「あんなに、頑張ったのに

全く認めてくれない」


「あんなに可愛がってあげたのに

裏切りやがって」


誰かに対しての

『のに』の裏には

相手に対して見返りを求めている

気持ちがあります。


自分に対しての『のに』も

一見、自分のふがいなさを責めているようで

何か

自分以外のものへの怒りや憤りが

にじみ出ているように感じます。




では、

「のに」を「から」に変えてみたらどうでしょう?


挨拶してあげたのに→

挨拶してあげたから、私は気持ちよくなった。



あんなに頑張ったのに→

あんなに頑張ったから、次につなぐことが起きる!



あんなに可愛がってあげたのに→

可愛がってあげたから、その行動を選択したのね。



なんだか、少し、

気持ちが変わりませんか?



のにを使うと、気持ちが過去にとどまる。


のにを使う時は、

自分以外の誰かに、

何かに

原因や責任を押し付けている。



野にを使うと

自分の行動の見返りを

他に求めている。


それって、

他人軸ですね。



その結果

ハッピーになれないのは

自分自身。



「のに」を「から」に変えて

自分軸を取り戻してみる。

思考を

過去への執着から

今この瞬間と未来の希望に

転換する。




ちょっとした

接続詞を変えるだけで

私たちは

生きる軸を自分に取り戻すことが

できますね。




それでは

今日も素敵な1日を!


バックナンバー公開中!
https://1lejend.com/b/IRnMnAEvyo/



<お知らせ>


弊社ホームページが

リニューアル作業のため

一時的に

表示できない状態となっています。

ご迷惑をおかけしております。


また、事務局へのメールも

一時的に確認できません。


大変申し訳ございません

しばらくお待ちください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
可能性をあきらめたくない女性のための「時間と思考の使い方」メルマガ  

発行:株式会社ハートマッスルトレーニングジム  

文責:桑原規歌  皆様の感想もお待ちしております!   
hime21@tcp-ip.or.jp

メルマガの解除はこちらから!   
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=IRnMnAEvyo