配信日時 2019/03/05 10:23

『スティーブ・ジョブズも発達障害だった?!』【明日募集】

\\お母さんが子どもに実施!//
発達障害&グレーゾーンの子どもの
「天才性」引き出しコーチング桑田敬子です


さて、


アップルの創業者、
スティーブ・ジョブズは、
                                  
ADHD(注意欠如・多動症)で、
アスペルガー症候群(ASD)
でもありました。


そして、
シリコンバレーで働く技術者の1割は、
アスペルガー症候群(ASD)
だそうです。


彼らは、「才能ある人」とこそ言われ、
わざわざ彼らを「発達障害」と言う人は
いないでしょう。


方や「才能のある人」
方や「発達障害」

これは、病気でもなんでもなく、
その人の脳の認知の仕方の特徴なんです。


人の数だけ、それぞれの脳は違い、

ものごとを見たり聞いたりする
五感の認知の仕方も、脳の数だけ違う!

ということが、最近 分かってきました。


だから、発達が遅れているとか、

親の目と子どもの目が合わないとか

言葉が2才になっても出ないとか、


ぞぞれの脳の特性は、あっていいのです。



ちょっと遅いな、おかしいなと思えば、

異常なのではなく、この子の脳の特性

と考えて、


公共機関に先ず行って相談し、

専門家に対応方法を教えてもらいましょう。




そして、その時に 大切なのは、

発達障害だろうか、とか

グレーゾーンだろうか、とか、


悪いコトばかり、心配しないことです。



目が合わない、言葉が遅い、などは、

早く対応したら、必ず良くなります。



その時に、

お子さんの
出来ないこと、苦手なこと
の裏側か、そのすぐそばに


脳の認知の特性として、

プレゼントされている すごい才能が

必ずあるのです。



「○○ができてすごいね!」


不安を持つのではなく、

お子さんの良いところを見て、

これから進みませんか?



お母さんの不安がなくなり、

お子さんの良いトコロを見て、

親子で最高にハッピーに毎日を過ごせる。



そんな方法を伝授いたします。



ご本人様が、

発達障害だろうか、グレーゾーンだろうかと

不安がぬぐえない方も、ご参加ください。




 ~明日、3/6(水)、

6才のわが子!
入学前のお母さんの不安がなくなる

 「体験コーチング」の募集開始します~




-----------------

本日もお読みいただき、

ありがとうございました。

☆---------------

■発行元
株式会社 GOAL QUEST ISSUE
     (ゴール クウェスト イシュー)
 代表取締役 桑田 けいこ
 TEL:03-3229-1088 
 E-mail:kuwata@goal-qi.net

■ホームページ
https://www.goal-qi.net/

■ブログ
https://ameblo.jp/coach-kuwata/

※「子どもの才能☆開花法」「発達障害」
 の情報がほしい方にお知らせください。 
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
■メルマガ無料登録 (小冊子プレゼント)
「発達障害&グレーゾーンの子どもの「天才性」
をぐんぐん伸ばす11個の子育ての法則』
無料メール講座~11本の動画配信付き~

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTamwkc


※子どもの才能を伸ばす「コーチング」
 の情報が欲しい方にお知らせください。
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
■メルマガ無料登録(小冊子プレゼント)
 「ASDコーチング」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvDpwjUi

■「メルマガ」『バックナンバー』
https://1lejend.com/b/HSEvDpwjUi/

■Facebook
https://www.facebook.com/keiko.kuwata.33

■メールアドレス変更のお手続き
http://gsmail101.com/r/stepmail/edit.php?no=xmmhzm

■メルマガ配信削除のお手続き
https://1lejend.com/d.php?t=test&m=example%40example.com

---------------☆