配信日時 2018/12/07 08:48

『あなたは、「もう○○しかない」派?「まだ○○もある」派?』

こんにちは
子どもの天才性を引き出し
未来を変える
お母さんと先生のための
ASD(発達障害)コーチング
桑田けいこ です。 


今、コップの残りの水は、ちょうど『半分』。

あなたは、とっさに、
「もう半分しかない!」と思いますか?

それとも、
「まだ半分もある!」と思いますか?


・・・こういうときには、

「まだ半分もある!」の方がいいんでしょ!と思われたあなた。


そう、そうなんです。そして、さらに・・・

『水がある!』それだけでもう充分!幸せ!・・・そして、

これは、ただの水じゃない、海洋深層水か、□□の湧き水か、

もう特別すごいもんだ!という思い入れの境地になっていきます。



お子さんに対しても、同じなんです。

悪いトコロばかり見ないで、

いいトコロの方を見る。・・・そして、

そのいいトコロは、なんてすごいんだろう! わが子はホントにすごい!と親自身が惚れ込む。

そんな観点をもって、お子さんの才能を発見し、伸ばしていきましょう!。


・・・えっ。

そんなこと言ってる場合じゃない?、


うちの子は、学校で忘れ物ばかりだし、

授業参観だって、落ち着きがなくて、ろくに先生の話を聞いてない。

宿題のやり方だって、よく聞いてこないから、できない、できない、とさわぐ始末。

どうしたらいいの?

そうですよね。
毎日のお子さんとの攻防戦のような「衝突」を解決する方が先!ですよね。


・・・実はこれを解決する!

毎日のお子さんへの接し方のベースにしていただきたいコミュニケーション法を『小冊子』にまとめました!


メルマガ登録時にすでにもらわれた方も、

新しい『小冊子』には、脳内化学伝達物質オキシトシンの効果についてや、『「聞く」(ヒアリング)&「話す」(アサーション)コミュニケーション法』のご紹介が付いています。

メールアドレス kuwata@goal-qi.net に「小冊子希望」とだけ書いてご応募ください。

追って、PDFでメールに添付する形で「小冊子」をお送りいたします。

新しい『小冊子』どうぞお楽しみくださいね。



では、本題にもどって、

「コーチング」についてです。


そして、

なんと言っても子どもの才能を発見し、伸ばすには・・・

「コーチング」の定番、未来を作っていく手法を使いましょう。


まず、

お母さんが未来になっていてほしいお子さんの姿を「映像化」します。

まだ、この段階では、お母さんとお子さんのゴールが一致していなくて構いません。

お子さんは、お母さんがコーチングの手法を学んでいることすらまだ知らない状況で結構です。


この「映像化」には、

5つの感覚である、聴覚、視覚、嗅覚、味覚、触覚の全てを総動員します。

現実よりもリアリティがあり、、現実と比べたら、すぐにこっちがいいと選ぶくらい。

臨場感のある、未来のゴール設定を到達したお子さんの姿を「映像化」します。


そして、

朝、起きてすぐ、夜、寝る前の時間帯の毎日2回。

この「映像」を想い浮かべながら、

成功したお子さん自身が言っている「言葉」、

そして、そのお子さんに話しかけているあなたの「言葉」に、昔の成功体験のときに感じた喜びの「感情」をつけて、『アファメーション』をします。

「こうなったらいいのにな」の自己暗示ではなく、「私はもう☆☆になっている。」の一人称、現在形で語ります。


この『アファメーション』と、

一日5万回は言っている『セルフ・トーク』から、ネガティブな表現を無くし、ポジティブな表現に変えること。


そして、

ネガティブな「映像」を思い浮かべたら、すぐに、ポジィティブな「映像」に置き換える『ビジュアライゼーション』。


の3つを実行していきます。


すると、

時間は、「未来」-「現在」-「過去」へと流れますので、「未来」に設定したゴールの姿の「映像」がそのまま「現実」に流れてきます。

そう、
あなたは、未来から流れてきたものを受け取るだけです!

やりましたね!夢が叶った瞬間です!



さて、

初めて、「コーチング」にふれられた方は、いかがでしたか?

『体験コーチング』や、セルフ・コーチングの『PX2』『TPIE』をまだ、受けられていないので、

上記のゴールの姿の「映像化」はまだ、おできにならないと思います。


まずは、

お子さんのいいトコロにのみフォーカス(集中)するというところまでは、

日常で習慣化できるよう、実行してみてください。

そして、こんなすごいことができるんだね、と、お子さんを認めてあげてくださいね。


もし、どうしても、お子さんの悪いトコロばかり気になって、褒めるなんて出来ませんという方は、

まず、ご自分自身のいいトコロにのみフォーカスし、ご自分を褒める、認めるというところからはじめましょう。


お母さんがご自身を丸ごと認め、I'm OK.私はこれでいい!の状態でないと、

どこか自分を許せず、嫌いなところもあるけれど、それも含めてご自分を認めていないと、

                                                        
お子さんを、ここにいてくれるだけでいいと、丸ごと認め、受け入れることが難しくなります。

言葉の上では褒めることはできても、どこかで、お子さんを許せず、認めることができません。


「難しい」なんて言葉を使ってしまいましたが、フォーカスを変えること、解釈を変えることは、

だれにでもできます。すぐにできます。


お母さんがご自身を認め、お子さんを認め、希望に満ちた未来に向かって歩いていきましょう!




「子どもの才能☆開花法」について、

「発達障害」について、

30分の電話無料相談をしています。

『お問い合わせフォーム』
https://pro.form-mailer.jp/fms/ec031b8e151187

に、第3希望まで、日時をご記入ください。

-----------------

本日もお読みいただき、

ありがとうございました。

☆---------------

■発行元
株式会社 GOAL QUEST ISSUE
     (ゴール クウェスト イシュー)
 代表取締役 桑田 けいこ
 TEL:03-3229-1088 
 E-mail:kuwata@goal-qi.net

■ホームページ
https://www.goal-qi.net/

■ブログ
https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12423607458


※「子どもの才能☆開花法」「発達障害」
 の情報がほしい方にお知らせください。 
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
■メルマガ無料登録 (小冊子プレゼント)
 「発達障がい児の子育てを学ぼう!
              11本の動画配信」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTamwkc

■メルマガ無料登録(小冊子プレゼント)
 「ASDコーチング」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvDpwjUi

■「メルマガ」『バックナンバー』
https://1lejend.com/b/HSEvDpwjUi/

■Facebook
https://www.facebook.com/keiko.kuwata.33

■メールアドレス変更のお手続き
http://gsmail101.com/r/stepmail/edit.php?no=xmmhzm

■メルマガ配信削除のお手続き
https://1lejend.com/d.php?t=test&m=example@example.com

---------------☆